更新履歴
多様な薬

ピルは妊娠回避効果しか期待できないと思っている人は多いのではないでしょうか。
実は妊娠を回避する以外にも数多くの効果が期待できます。
ピルは女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの合成剤であるので、服用することで体内のホルモンバランスを整える効果があります。
また、PMSや月経困難症、子宮内膜症や更年期障害などの症状の軽減が期待できるほか、卵巣がんや子宮体がん、乳がんなどの発生リスクも緩和する作用があるとされています。
生理周期が安定するほかに、子宮外妊娠が発生するリスクも低下することと、ニキビなどの吹き出物や多毛症の症状が改善することも考えられます。
女性の身体に多くの影響を与えてくれるピルですが、服用することでの副作用も気になるところです。
ピルを服用することでの副作用は、吐き気や腹痛、頭痛、不正出血、胸の張りなどがありますが人によって個人差があり必ずしも副作用が出るというわけではありません。
ちなみに、以前は心筋梗塞や血栓症などの発生リスクが危惧されていましたが、低用量ピルの場合にはこのような重大な副作用が出るリスクは減少されています。
ただ、喫煙習慣のある女性がピルを服用した際には、非喫煙者に比べて血栓症になるリスクが非常に高くなるために、もしピルを服用するのであれば禁煙する必要が出てきます。
ピルを服用すると太るという副作用もささやかれていますが基本的に服用することで太るということはありません。
しかし、長期間服用することで体を妊娠に近い状態に維持していることになりますので食欲が増進して太ることは考えられます。
しっかりと食事制限をして自己管理ができる人ならまず太るという副作用はないと考えて良いでしょう。

最近の投稿
アーカイブ
サイト内検索