• ホーム
  • ピルとアロマセラピーとIUDについて

ピルとアロマセラピーとIUDについて

多様な薬

妊娠したくない場合、様々な避妊方法があります。
よく知られているのが、コンドームを使った避妊方法です。
そして、避妊効果がコンドームよりも高いことで知られているのが、ピルです。
ホルモンの量が少ない低用量ピルは、日本でも利用者が増えています。
低用量ピルは、避妊だけでなく、生理痛、ニキビ、肌荒れ、更年期障害などの改善効果も期待できます。
IUDは、子宮内避妊用具の略で、避妊を目的として子宮内に装着する器具のことです。
IUDは、装着してしまうと、数年間にわたって避妊が可能となります。
出産の経験があり、長期間の避妊を望む人が使うケースが多いです。
IUDには、種類がいくつかあり、それぞれ避妊効果が異なります。
IUDは、銅などが付加されていないIUDで、銅付加IUDは、銅が付加されています。
そして、薬剤付加IUDには、薬剤が付加されています。
IUDは、女性主体で避妊ができるなど様々なメリットがありますが、医師による装着や除去が必要で、出産の経験がない女性は、医師に相談する必要があります。
ですから、特徴やメリット、デメリットを考慮して使用することが大事です。
最近は、更年期障害で苦しむ女性が多くなっています。
更年期障害のイライラに効果的なのが、アロマセラピーです。
アロマセラピーは、植物の香りと様々な作用を利用して、心身のトラブルを回復する自然療法です。
日本は、ストレス社会で、男女共にストレスを抱えている人が増えています。
特に更年期障害を抱える女性は、ストレスで苦しんでいる人も少なくないです。
アロマセラピーを上手に生活に取り入れることで、心身のバランスを取り戻すことができれば、更年期障害の改善が期待できます。

最近の投稿
アーカイブ
サイト内検索