ピルには飲み方がある?

笑っている女性

避妊の方法には基礎体温をつけたり、避妊具を利用するという方法がありますが、それだけでは万全とは言えません。
より確実に避妊を行うのであればピルの服用も考えてみましょう。
低用量ピルは血液中のホルモン量を一定に保つのに役立ちます。
21錠タイプと28錠タイプのものがありますが、こちらは偽薬が歯っているか、入っていないかの差です。
女性ホルモンに似た成分が入っており、服用することで妊娠しているのと同じようなホルモンバランスとなり、脳が妊娠していると判断しますので、排卵をとめることができ、妊娠を防いでくれます。
毎日一錠飲むことが基本ですので、飲み忘れのないよう、飲む時間を決めておくことがおすすめです。
21日間継続して飲み続け、その後は7日間薬を休みます。
薬をとめている期間がわからなくなってしまうことがありますが、28錠タイプは飲み忘れを防ぐために7日間偽薬を飲むようになっています。
こちらの場合は特に効能があるというものではありませんので、飲み忘れた場合も問題がありません。
飲み方は生理が始まってから最初の日曜日から飲み始めるものと、生理の初日から服用を開始するものがあります。
もし飲み忘れてしまった場合は24時間以内であれば気づいた時点で服用します。
そしてその日の分も同じように服用しておきます。
飲み忘れてから24時間以上が過ぎてしまった場合は一旦薬の使用をやめ、次の生理が始まってから飲み始めます。
薬をやめている間は避妊の効果は失われていますので、避妊具を使うなど別の対策をとっておきたいところです。
避妊に失敗してしまった場合はアフターピルで対応できることもありますが、こちらの場合は性行為から72時間以内に飲むことで効果を発揮してくれます。
飲む時間が遅くなると妊娠のリスクが高まりますので、できるだけ早く処方してもらうことが大事です。

最近の投稿
    アーカイブ
    サイト内検索