ピルを使うメリットとは

ニコニコする女性

ピルと聞けば、避妊のために服用するものだと思うかもしれません。
もちろんそれは事実ですが、ピルを使うことの目的はそれだけではありません。
ではピルを使うメリットにはどのようなものがあるでしょうか。
そのひとつは生理痛の緩和です。
ピルを服用することで、妊娠中に近い状態になるため排卵が抑えられます。
そもそも生理は卵子を受け止めるためのベッドともいうべき血液が、受精が行われないときに体外に出されるものです。
卵子が排出されないと、当然ベッドが必要ではありません。
とはいえピルを飲むと生理がなくなるわけではありません。
生理はこれまでどおりありますが、経血量が少ないためかなり生理痛が軽減されます。
生理痛は子宮が血液を出そうとして、収縮するときに生じます。
血液が少ないと、当然痛みは軽くてすみます。
ですから生理のたびに鎮痛剤を用いる必要はなくなります。
また生理痛の緩和以外にも、月経困難症による情緒不安定を緩和する効果があります。
生理前特有のイライラや悲しい気分はホルモンバランスの乱れによるものであるため、自分でコントロールするのは難しいと感じるかもしれません。
ピルの服用により、ホルモン量を一定に保つことができるため、感情の波にふりまわされることを軽減することができます。
さらにピルには子宮がんや卵巣がんなどの婦人科系のがんにかかるリスクを減らす効果もあるという説もあります。
このようにピルを使うことにはいくつものメリットがあり、利用する女性は増えています。
最大の効果を得て、安全に利用するためには医師の指示に従って服用することが大切です。
また服用期間中は毎日忘れずに飲まなければ、効果が得られないこともあります。

アーカイブ
サイト内検索