• ホーム
  • 若年層にも人気のピルは、生理痛にも効果がある

若年層にも人気のピルは、生理痛にも効果がある

女性の社会進出が目覚ましい現代では、女性が自分で妊娠のタイミングを計ることが重要になっています。
望まないタイミングでの妊娠を避ける為に用いられるのがピルです。
日本ではまだそれほど普及していませんが、海外では先進国を中心に広く使用されています。
ピルは非常に高い避妊効果を持つ薬で、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つの女性ホルモンに似た成分が含まれています。
これを服用すると、体の中がエストロゲンとプロゲステロンが分泌されているのと同じ状態になり、妊娠した時と同じホルモンバランスになります。
すると脳が妊娠していると勘違いし、排卵を起こさなくなるのです。
ピルには、避妊以外にも女性の体に対して良い効果をもたらしてくれます。
例えば、生理痛の軽減、生理不順の改善、月経前症候群の緩和などです。
ピルは、痛みの伝達物質を作る場所である子宮内膜を厚くしないという作用があります。
子宮内膜が厚くなる前に月経が起こるため、痛みの伝達物質があまり作られず、子宮収縮も抑えられるため生理痛が軽くなります。
出血量も少なくて済みます。
生理の周期が規則正しくなるため、生理不順の治療にも効果があります。
コントロールすることでいつ生理が来るか分かるようになる為、旅行や試験など、できれば生理になりたくない日を避けることも可能です。
服用することで排卵前のホルモンの変動が小さくなる為、月経前症候群の症状を軽くすることができます。
ピルは正しく使用すればコンドームよりも高い避妊効果を持っています。
また、女性主体で行える避妊方法であると言う点もメリットの一つです。
体の知識の未熟さから男性主体の避妊方法の失敗率が高い若年層にとっても、有効な方法だとも言われています。